さらに口内を清潔にする

最後の仕上げを忘れない

綺麗に口内を掃除したら、洗い流すことで汚れを完全に除去できます。
うがいをしますが、おすすめなのは洗口液を使うことです。
洗口液を使えば、口内を除菌できます。
水だけではうがいをしても、バイ菌や汚れを全て洗い流せないかもしれません。
高齢者の口腔ケア用の、洗口液が販売されているので利用してください。

口いっぱいに洗口液を含むと、うがいしにくくなります。
適量を口に含ませてください。
また、刺激を与えにくい洗口液もあります。
高齢者によっては、刺激が苦手だという人もいるでしょう。
その人に合う洗口液を見つけて、口腔ケアに使ってください。
常に口内を清潔な状態にすることで、病気を防げます。
高齢になっても、自分の歯を維持できるでしょう。

入れ歯を掃除しよう

過去に病気になって、歯を失っている人もいると思います。
そんな高齢者は、入れ歯を使っているでしょう。
入れ歯は、口腔ケアの最後に掃除します。
うがいも済ませてから、入れ歯の掃除に取り組みましょう。
まずはブラシで、汚れを落とします。
汚れている状態の入れ歯を使っていると、口内の病気になります。

ブラシだけでは、バイ菌を除去することができません。
清潔な状態にするためには、洗浄液に浸けてください。
浸ける時間は、各洗浄液によって異なります。
洗浄液のパッケージや説明書に、何分浸けていれば良いのか記載されているでしょう。
その時間を守ってください。
長すぎても、短すぎてもいけません。
消毒し終わったら、よく水分を拭き取って掃除終了です。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top