ずっと健康的な口内を維持する目的

高齢者の口腔ケアとは何をするのか

口内に潤いを与えよう

正しい順番で口腔ケアをしないと、口内を綺麗にできません。
まずはうがいをしてください。
高齢になると、唾液の分泌量が少なくなる人が多いです。
その状態で歯を磨いても、汚れを落とせません。
うがいをすることで、口内に潤いを与えることができます。
自分で歯ブラシを持って磨ける人は、自分は磨きをさせてください。
どうしても筋力が低下して、歯磨きができない場合だけ他の人が磨いてあげましょう。
歯磨きが終わったら、綺麗に磨けているか確認してください。

次は、舌や粘膜の掃除をします。
これは高齢者が自分で行うのは難しいので、他の人が掃除をしてあげてください。
舌や粘膜は、歯に比べてデリケートです。
歯ブラシを使うと、傷つけてしまうかもしれません。
ガーゼを指に巻いて掃除したり、スポンジブラシを使うと良いですね。
舌に舌苔がつくことで、口臭の原因になります。
ガーゼやスポンジブラシで、綺麗に落としましょう。

それらが終わったら、最後にうがいをして口腔ケアの終了です。
水でうがいするだけでも良いですが、より口内の環境を清潔にしたいなら洗口液を使うのがおすすめです。
殺菌効果を持っているので、口内にいるバイ菌を除去できます。
入れ歯を使っている人は、この後に入れ歯の掃除になります。
食べかすを取って、水で綺麗に洗いましょう。
専用の消毒液にしばらく浸けておくと、より安全に使用できます。
汚い入れ歯を使っていると、病気の原因になるので注意しましょう。

綺麗な状態をキープしよう

歯を綺麗にするためには、口内が潤っていなければいけません。 唾が良く出る環境を整えてあげることが大切です。 高齢者の口腔ケアをする際は、まずうがいをさせてください。 それから歯を磨きましょう。 高齢者の状態に合わせて、自分で磨かせるか、他の人が磨いてあげるか判断してください。

掃除するための道具を用意しよう

口腔ケアは、歯だけを磨けば良いわけではありません。 口内全体を掃除します。 舌や粘膜といった部分も、忘れないで掃除しましょう。 デリケートな部分なので、傷つけないようガーゼやスポンジブラシを使ってください。 口腔ケアに必要な道具も、前もって用意しましょう。

さらに口内を清潔にする

口腔ケアが終わったら、最後にうがいをします。 その時に、洗口液を使うのがおすすめです。 水よりも殺菌効果があるので、バイ菌が口内で繁殖することを回避できます。 また入れ歯を使っている人は、入れ歯の掃除も忘れないでください。 それも、口腔ケアに含まれます。

Page Top